Top >  会社設立の前に知っておくこと >  新会社法について2

新会社法について2

1、1円の資本金でも会社設立ができるようになった


  商法では、会社設立の際、有限会社は最低300万円、

  株式会社で最低1,000万円必要だった資本金を

  1円でもOKとしました。


2、類似商号規制の廃止


  商法では、会社を設立する際にその会社の商号(会社名)を登記の際、

  同一市町村内で同じ事業内容の会社と同一または類似の商号があれば、

  その商号を使用することができないと決められていました。


  そのため、チェックするのに時間がかかっていました。


  会社法になって、この類似商号禁止の制度が撤廃され、

  会社設立の手続きのスピードがあがりました。


  ただし、いろいろ条件もありますので後ほど解説します。


3、取締役が1人でもOK


  商法では、株式会社を作るためには取締役3人、

  監査役1人を選任する必要がありました。


  会社法では、取締役1人でも

  会社が設立できるようになりました。


  また、取締役会の設置も任意となりましたので

  自由度が広がりました。


4、LLC(合同会社)の誕生


  今回の会社法により、LLCという

  新しい会社形態が誕生しました。


  LLCとは、


  株式会社と同様に出資者は、出資額の範囲内に

  責任を限定できますが、利益や権限の配分は自由に設定できる

  という特徴があります。


  株式会社は、株主にしか利益配分がありませんが、

  LLCであれば定款に定めれば、会社の利益に貢献した人にも

  利益を配分することができるのです。


  ですから、お金をもっている「企業」と、

  お金はないけど利益を生み出す能力のある「人」が手を組んで

  LLCを設立することが多くなってくるかもしれません。

         

会社設立の前に知っておくこと

会社設立をしよう!
と意気込む前に、
一度冷静に考えてみましょう。

会社ってなに?

会社法って?

個人事業と会社って違うって知っていますか?

実は、知らない!会社に関するいろいろ・・・

ちょっと勉強してみましょう!

このカテゴリ内の記事


個人事業と会社(法人)の違い
新会社法について1
新会社法について2
発起人会議について
発起設立と募集設立について
会社設立までのステップ
法務局とは
会社設立に必要な費用は?
創立費と開業費について


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録