Top >  会社設立の前に知っておくこと >  発起設立と募集設立について

発起設立と募集設立について

さて、会社設立にあたって、

設立方法を選ぶ必要があります。


株式会社の設立方法には、

『発起設立』と『募集設立』の

2種類があります。


【 発起設立 】


会社設立時に発行する株式の全てを

発起人が引き受ける設立方法です。


自分で資本金のすべてを出して会社を設立する場合には、

発起設立で会社を設立することになります。


発起人とは、企画したり、

会社設立の手続きを行ったり、

資金を出す人を言います。


発起人が、数人いる場合でも、

発起人は必ず1株以上の株式を

引き受けなければなりません。


【 募集設立 】


発起人が全株式を引き受けず、

株主となる人を募集する設立を

募集設立といいます。


必要な資本金が大きく、発起人だけで

用意できない場合に、資金を出してくれる人を広く募り

資本金を集めます。


発起人以外の人が株式を引き受ける(出資する)ため、

発起設立と比べて設立手続きが複雑です。


一般的には、小規模の株式会社を設立する場合には、

募集設立よりも発起設立が選ばれます。


なぜなら、募集設立の場合、出資してくれた人への定款の

認証を受けたり、金融機関が発行する資本金の払込保管証明書の

取得をするなど、時間や手間のかかる手続きになるからです。


手続きの複雑さを考えると、募集設立を選択した場合は、

自力で会社設立の準備をするのは困難かもしれません。

         

会社設立の前に知っておくこと

会社設立をしよう!
と意気込む前に、
一度冷静に考えてみましょう。

会社ってなに?

会社法って?

個人事業と会社って違うって知っていますか?

実は、知らない!会社に関するいろいろ・・・

ちょっと勉強してみましょう!

このカテゴリ内の記事


個人事業と会社(法人)の違い
新会社法について1
新会社法について2
発起人会議について
発起設立と募集設立について
会社設立までのステップ
法務局とは
会社設立に必要な費用は?
創立費と開業費について


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録