Top >  会社設立の前に知っておくこと >  会社設立までのステップ

会社設立までのステップ

株式会社をつくるのは、

意外と簡単です。


大きな会社を作るのではなく、

一人で起業したり、仲間と会社を設立しようと

考えている人なら、難しく考えなくても大丈夫です!


ほんとうに、簡単に言うと・・・


1、 定款(ていかん)をつくる


   会社の名前、目的などの基本的なことを決める


2、 定款の認証を受ける


   公証人役場にて


3、 登記申請をする


   会社印を作る
   資本金を払い込む(新会社法になって、1円からでもOK)

   登記申請書を作る

   登録免除税
   

たったこれだけです。


定款とは、学校における校則のようなものと

私は理解しています。


難しい漢字で聞きなれない言葉なので、

定款をつくるのは大変そうに感じます。


でも、実は雛形があるので、

必要なところだけを自分で作ればいいのです。


あとは、必要な書類を、決められた場所に提出したり、

お金を払ったりと言うことです。


以前は、申請の書類がたくさんあって、

会社設立の準備は大変なものでした。


でも、新会社法に変わってからは、

書類の数も手続きも少なくなりました。


そもそも、会社設立した後の方が大変なのに、

会社設立の準備で大変な思いをするなんて

変な話ですよね。


新会社法になってから、

起業するチャンスが広がったということです。

         

会社設立の前に知っておくこと

会社設立をしよう!
と意気込む前に、
一度冷静に考えてみましょう。

会社ってなに?

会社法って?

個人事業と会社って違うって知っていますか?

実は、知らない!会社に関するいろいろ・・・

ちょっと勉強してみましょう!

このカテゴリ内の記事


個人事業と会社(法人)の違い
新会社法について1
新会社法について2
発起人会議について
発起設立と募集設立について
会社設立までのステップ
法務局とは
会社設立に必要な費用は?
創立費と開業費について


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録