Top >  会社設立の前に知っておくこと >  会社設立に必要な費用は?

会社設立に必要な費用は?

株式会社を設立するためには、

当然ながらお金が必要です。


もちろん、会社設立にあたって

資金は準備されていることと思いますが、

だいたいどれくらいかかるものなのでしょうか?


会社設立後に必要な、事務所を借りたり、

備品をそろえるなどの費用は除いたとして、

会社設立の際の事務的な手続きの時に必要なお金を考えてみましょう。


まず、会社設立のための法的手続きを行うのに

必要な費用が「法定費用」といわれるものです。


以下のような費用のことをいいます。


・ 定款認証料+紙代             約5万2,000円


・ 定款に貼る印紙                    4万円
 

・ 登録免許税(株式会社の場合)            15万円


< その他の費用 >


・ 該当者の印鑑証明書取得代            1通300円


・ 会社で使用する印鑑                ものによる


・ 会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)   1通1,000円


・ 会社の印鑑証明書                1通500円


※ 謄本は、設立後、各役所や金融機関、取引相手など、

  謄本の提出を求められるケースが多々あります。

  3ー5部程度は取得しておくと良いでしょう。


※ 印鑑証明書に関しては、

  1ー2通取得しておけばよいと思います。


以上が株式会社設立にかかる

事務的手続きにかかる費用の目安です。

         

会社設立の前に知っておくこと

会社設立をしよう!
と意気込む前に、
一度冷静に考えてみましょう。

会社ってなに?

会社法って?

個人事業と会社って違うって知っていますか?

実は、知らない!会社に関するいろいろ・・・

ちょっと勉強してみましょう!

このカテゴリ内の記事


個人事業と会社(法人)の違い
新会社法について1
新会社法について2
発起人会議について
発起設立と募集設立について
会社設立までのステップ
法務局とは
会社設立に必要な費用は?
創立費と開業費について


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録