Top >  会社設立までの手続き >  定款の作成2 絶対的記載事項

定款の作成2 絶対的記載事項

1)商号


商号とは、会社名のことです。


2)会社の事業目的


設立する会社が行う事業内容を書きます。


3)本店(本社)の所在地


本社を置く住所のことです。


4)設立に際して出資される財産の価額またはその最低額


会社の設立に際して、出資者から出資してもらおうとしている財産の総額、

または設立に際して、出資者に最低限出資してもらおうとしている額の

いずれかを記載します。


5)発起人の氏名または名称および住所


発起人とは、


[株式会社の設立にあたって、定款の作成、資本金の払込、

設立登記に関する事務手続等の業務を行う者のこと]


を言います。


簡単に言うと、

「会社の資本金を出す人のこと」です。

発起人と取締役は同じ人でも違う人でもかまいません。


一人で会社を立ち上げる人の場合では

必然的に「発起人=取締役」となりますね。

この5つの中で特に重要なのは、

1)商号と、2)目的です。


この2つは、自分の意思で決めていかなければなりません。


会社を興そうとするなら、決して、

人任せにできない部分ですよね?


この2つの項目は大切なところなので、

次のカテゴリで詳しく説明します。

         

会社設立までの手続き

会社設立は、「会社設立までのステップ」で
お話したようにとても簡単です。

このカテゴリでは、1・2・3の
それぞれの手順について、
詳しくご説明します!

このカテゴリ内の記事


定款の作成1 定款とは
定款の作成2 絶対的記載事項
定款の作成3 商号を決める
定款の作成4 目的を決める
定款の作成5 その他のポイント
定款の作成6 印鑑の作成
定款の作成7 法務局で相談
定款の認証1 公証人役場とは
定款の認証2 定款認証の用意
定款の認証3 認証をスムーズに
登記の準備と申請1 必要書類
登記の準備と申請2 用意書類
登記の準備と申請3 法務局手配
登記の準備と申請4 登記申請後


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録