Top >  会社設立までの手続き >  定款の作成3 商号を決める

定款の作成3 商号を決める

今までは、会社を設立する際にその会社の商号(会社名)を登記の際、

同一市町村内で同じ事業内容の会社と同一または類似の商号があれば、

その商号を使用することができないと決められていました。


会社法になって、その縛りがなくなったので

手続きは簡単になりました。


でも、現実には世間で名の通った大企業(ソニー、トヨタなど)と

同じ名前はつけられないと思いましょう。


●商号(会社名)を付ける時の注意事項


1)株式会社の文字を入れること


2)社名に使える文字は、「漢字」・「ひらがな」・「カタカナ」・「ローマ字」・

  「アラビア数字」と、符号に限られています。


3)支店・支社・支部などの部門を表す文字は入れない


4)銀行や信託でなければ「銀行」「信託」の文字は使ってはいけない。


● 類似商号の確認


会社法になって、同一市区町村の類似商号使用もOKになりましたが、

同一住所で同一の会社名で営業はできません。


例えば、同じビルの中に

同じ名前の会社がある場合などです。


また、近所の会社と同じような商号をつけると、

後々、損害賠償請求の対象にもなります。


トラブルを避ける意味でも、

事前に法務局で類似商号の確認は

行った方が良いでしょう。

         

会社設立までの手続き

会社設立は、「会社設立までのステップ」で
お話したようにとても簡単です。

このカテゴリでは、1・2・3の
それぞれの手順について、
詳しくご説明します!

このカテゴリ内の記事


定款の作成1 定款とは
定款の作成2 絶対的記載事項
定款の作成3 商号を決める
定款の作成4 目的を決める
定款の作成5 その他のポイント
定款の作成6 印鑑の作成
定款の作成7 法務局で相談
定款の認証1 公証人役場とは
定款の認証2 定款認証の用意
定款の認証3 認証をスムーズに
登記の準備と申請1 必要書類
登記の準備と申請2 用意書類
登記の準備と申請3 法務局手配
登記の準備と申請4 登記申請後


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録