Top >  会社設立までの手続き >  定款の作成4 目的を決める

定款の作成4 目的を決める

定款には、あなたが設立した会社で、

どのようなビジネスをするか、

その目的を記載します。


目的は以下の4つの項目を踏まえて考えます。


1)明確性


第三者が見て、何をしている会社かわかること


2)具体性


具体的で分かりやすいこと  


3)営利性


利益を上げる目的であること


4)適法性


法律を違反していないこと


これらの基準をクリアしていないと、

目的として認められない場合があります。


これを、一から自分で考えるのはとても大変ですよね。


そこで、すでに目的として認められている記載例が、

インターネットや書籍で手に入ります。


どういった事業を行いたいのか考え、

目的例と照らし合わせて目的を決めていくのが

いいかもしれません。


また、目的を決める際に注意点があります。


定款の目的に記載した事業内容でしか

営業ができません。


会社を設立してすぐに行うビジネスだけでなく、

将来的にやっていこうと思っているビジネスがあれば、

記載しておきましょう。


定款に記載していない、新たなビジネスを始めるときは、

定款を書き直す必要があります。


定款を変更するのは大変なので、

仕事の範囲をあまり狭めず、

広く浅く書くのが良いでしょう。  

         

会社設立までの手続き

会社設立は、「会社設立までのステップ」で
お話したようにとても簡単です。

このカテゴリでは、1・2・3の
それぞれの手順について、
詳しくご説明します!

このカテゴリ内の記事


定款の作成1 定款とは
定款の作成2 絶対的記載事項
定款の作成3 商号を決める
定款の作成4 目的を決める
定款の作成5 その他のポイント
定款の作成6 印鑑の作成
定款の作成7 法務局で相談
定款の認証1 公証人役場とは
定款の認証2 定款認証の用意
定款の認証3 認証をスムーズに
登記の準備と申請1 必要書類
登記の準備と申請2 用意書類
登記の準備と申請3 法務局手配
登記の準備と申請4 登記申請後


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録