Top >  会社設立までの手続き >  定款の作成5 その他のポイント

定款の作成5 その他のポイント

定款に記載する、商号、目的以外の

6つの項目についてポイントをお話します。


1)発行する株式の総数


会社設立時の発行株式数ではなく、

将来にわたって発行できる株式の数です。


株式譲渡制限があれば、好きな数にできます。


2) 株券の種類


会社法では、原則、株券は発行しません。


株券を発行する場合のみその旨記載します。


1株券、5株券、10株券、50株券、100株券の

5種類が標準です。


ただし、1株券は必要になります。


3)取締役及び、監査役の員数


以前は、取締役3人、監査役1人が必要でしたが、

会社法になってからは必要なくなりました。


取締役会を設けない場合は、あなた1名とすればOKです。


4)営業年度


期間は1年です。


4月ー翌年3月とするのが一般的です。


5)設立に際して発行する株式


資本金=設立時発行株式総数×1株当りの払込金額となります。


つまり、1株いくらの株式を何株発行するかということです。

法務局で相談にのってくれます。


6)最初の営業年度


会社の設立日から、直近の営業年度の末日。


3月31日が一般的です。

         

会社設立までの手続き

会社設立は、「会社設立までのステップ」で
お話したようにとても簡単です。

このカテゴリでは、1・2・3の
それぞれの手順について、
詳しくご説明します!

このカテゴリ内の記事


定款の作成1 定款とは
定款の作成2 絶対的記載事項
定款の作成3 商号を決める
定款の作成4 目的を決める
定款の作成5 その他のポイント
定款の作成6 印鑑の作成
定款の作成7 法務局で相談
定款の認証1 公証人役場とは
定款の認証2 定款認証の用意
定款の認証3 認証をスムーズに
登記の準備と申請1 必要書類
登記の準備と申請2 用意書類
登記の準備と申請3 法務局手配
登記の準備と申請4 登記申請後


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録