Top >  会社設立までの手続き >  定款の作成6 印鑑の作成

定款の作成6 印鑑の作成

日本でビジネスをする以上、

書類につき物なのが印鑑ですよね。


もちろん、定款にも作成や承認に印鑑が必要です。


会社設立の準備の中でも、印鑑を作るときに、

一番会社を設立している実感がわきます。


では、どのような種類の印鑑を用意すればよいでしょうか?


1)個人の実印


すでにもっている人もいるかもしれません。


「佐藤」などの印鑑です。


女性の場合は、改姓の可能性もあるので、

名前だけの印鑑の方がいいかもしれません。


また、印鑑証明も必要ですので、

有効期限に注意して用意しましょう。


2)代表取締役印


会社の印鑑 銀行印としても使用します。


登記完了後、銀行口座開設時に

印鑑証明とともに必要です。


3)角印 


請求書や見積書に使用します。


4)会社住所印 シャチハタなどのゴム印


郵便物などに使用します。


1)は事前に用意できます。


2)3)4)に関しては、

法務局で定款を確認してもらってから作ります。


会社名が決まらないと作れないからですが、

登記申請の時に必要になるので、

その前までには準備しておきましょう。


では、どこで作りましょうか?


インターネットで注文すれば、セットで購入できます。


価格も5,000円ー2万円と手ごろで、

1週間ほどでできてしまいます。


ただ、印鑑の偽造を防ぐため、手彫りの個性的なものを作ると、

価格も高く時間もかかるので、

事前に下調べだけはしておきましょう!

         

会社設立までの手続き

会社設立は、「会社設立までのステップ」で
お話したようにとても簡単です。

このカテゴリでは、1・2・3の
それぞれの手順について、
詳しくご説明します!

このカテゴリ内の記事


定款の作成1 定款とは
定款の作成2 絶対的記載事項
定款の作成3 商号を決める
定款の作成4 目的を決める
定款の作成5 その他のポイント
定款の作成6 印鑑の作成
定款の作成7 法務局で相談
定款の認証1 公証人役場とは
定款の認証2 定款認証の用意
定款の認証3 認証をスムーズに
登記の準備と申請1 必要書類
登記の準備と申請2 用意書類
登記の準備と申請3 法務局手配
登記の準備と申請4 登記申請後


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録