Top >  会社設立までの手続き >  登記の準備と申請1 必要書類

登記の準備と申請1 必要書類

登記とは、自分が設立した会社を公に認めてもらう制度で、

登記は、本社所在地を管轄する法務局で行います。


登記をしなければ、

会社の存在を証明できないので、

重要な手続きです。


以下は、発起人一人の場合の

登記に必要になる書類の一覧です。


■ 必要な書類(発起人1人の場合)


1)自分が作成する書類


定款


2)用意しておくもの


印鑑(個人)

印鑑証明書(個人)

印鑑(法人:代表取締役印)

払込金保管証明書+通帳コピー


3)法務局で手配するもの


設立登記申請書(登録免許税納付用台紙)

登記申請書の別紙(OCR用紙)

印鑑届出書


4)法務局でもらって帰ってくるもの


登記簿謄本(1通1000円)

印鑑証明書(法人・1通500円)

印鑑カード(法人)


1)の定款は、すでに作成してありますね。


公証人役場で認証をもらってある定款です。


自分で作成しなければならない書類はこれだけになります。


発起人が数人いる場合には、

「就任承諾書」「取締役会議事録」が

必要になります。


選任された取締役や、定款の内容は、

発起人全員の同意の下で選任・作成されたことを

証明するためのものなので、発起人1人の場合は不要な書類です。

         

会社設立までの手続き

会社設立は、「会社設立までのステップ」で
お話したようにとても簡単です。

このカテゴリでは、1・2・3の
それぞれの手順について、
詳しくご説明します!

このカテゴリ内の記事


定款の作成1 定款とは
定款の作成2 絶対的記載事項
定款の作成3 商号を決める
定款の作成4 目的を決める
定款の作成5 その他のポイント
定款の作成6 印鑑の作成
定款の作成7 法務局で相談
定款の認証1 公証人役場とは
定款の認証2 定款認証の用意
定款の認証3 認証をスムーズに
登記の準備と申請1 必要書類
登記の準備と申請2 用意書類
登記の準備と申請3 法務局手配
登記の準備と申請4 登記申請後


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録