Top >  会社設立までの手続き >  登記の準備と申請2 用意書類

登記の準備と申請2 用意書類

自分で作成する書類ではありませんが、

事前に準備が必要な書類です。


1、 印鑑(個人)


設立登記申請時に必要な印鑑届出書(法人)を

提出する際に必要です


2、 印鑑証明書(個人)


登記申請時に提出


3、 印鑑(法人 代表取締役印)


2、と同様、設立登記申請時に必要な印鑑届出書(法人)に押印


4、 振込金保管証明書+通帳コピー


まず、発起人が発起人名義の

銀行口座に振込みをします。


郵便局はNGです。


発起人の既存の口座でも構いません。


ここでややこしいのが、『入金』ではなく

『振込』をしないといけないところです。


これは、入金だと誰がお金を出したか分からないからです。


『振込』だと、振り込んだ人の名前が

通帳に記入されます。


また、たとえすでに資本金にあたるお金が口座に入っていても、

一度出金して、再度発起人名義で『振込』を行う必要があります。


発起人が数名の場合でも、

口座は代表の発起人のものを使用しても良いですが、

各自が同様に振り込みを行います。


振込みが終わったら、通帳の表紙、

通帳の1ページ目見開き(口座名義人が記載されているページ)と、

振込みが確認できるページのコピーを取ります。


その後、振込金保管証明書を作成(フォームはネットからとる)します。


次に、書類をまとめます。


「振込金保管証明書」→「通帳コピー三枚」の順に並べ、

左二箇所にホチキスでとめて契印して、終了です。

         

会社設立までの手続き

会社設立は、「会社設立までのステップ」で
お話したようにとても簡単です。

このカテゴリでは、1・2・3の
それぞれの手順について、
詳しくご説明します!

このカテゴリ内の記事


定款の作成1 定款とは
定款の作成2 絶対的記載事項
定款の作成3 商号を決める
定款の作成4 目的を決める
定款の作成5 その他のポイント
定款の作成6 印鑑の作成
定款の作成7 法務局で相談
定款の認証1 公証人役場とは
定款の認証2 定款認証の用意
定款の認証3 認証をスムーズに
登記の準備と申請1 必要書類
登記の準備と申請2 用意書類
登記の準備と申請3 法務局手配
登記の準備と申請4 登記申請後


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録