Top >  会社設立までの手続き >  定款の作成1 定款とは

定款の作成1 定款とは

定款(ていかん)とは何でしょうか?


とても難しい字で、聞きなれない言葉ですよね。


辞書では、

『社団法人の目的・組織・業務などを定めた根本規則。また、それを記載した書面』

とあります。


この表現は難しいですよね?


私は、学校で言う校則のようなものと解釈しています。


一般には、「会社の憲法」とも言われているようです。


そのため、定款は、会社設立の際、

必ず作らなければならない非常に重要なものです。


会社設立準備のプロセスの中でも、

この定款作成は、非常に大きなポイントです。


では、定款とはどのようなものなのでしょうか?


実際の定款を見てみたいという方は、

インターネットで検索すると

サンプルが簡単に手に入ります。


難しい言葉を使って書かれてありますが、

その内容は3つの部分で構成されています。


1)絶対的記載事項  絶対書かないといけない(5つの項目があります)


2)相対的記載事項  該当すれば記載


3)任意的記載事項  記載しなくても良い


「絶対的記載事項」とは、

会社の基礎となる最も重要な事項で、

絶対に定款に記載しなくてはいけません。


この「絶対的記載事項」が抜けていると、

定款が無効になってしまうので、

注意しましょう。


ここでは、「絶対的記載事項」の5つについて

詳しく見ていきましょう。

         

会社設立までの手続き

会社設立は、「会社設立までのステップ」で
お話したようにとても簡単です。

このカテゴリでは、1・2・3の
それぞれの手順について、
詳しくご説明します!

このカテゴリ内の記事


定款の作成1 定款とは
定款の作成2 絶対的記載事項
定款の作成3 商号を決める
定款の作成4 目的を決める
定款の作成5 その他のポイント
定款の作成6 印鑑の作成
定款の作成7 法務局で相談
定款の認証1 公証人役場とは
定款の認証2 定款認証の用意
定款の認証3 認証をスムーズに
登記の準備と申請1 必要書類
登記の準備と申請2 用意書類
登記の準備と申請3 法務局手配
登記の準備と申請4 登記申請後


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録