Top >  設立後の手続き >  諸官庁への届出 税務署2

諸官庁への届出 税務署2

税務署への届出は

「法人設立届出書」のほかに、

以下のような届出が必要です。


1.給与支払事務所等の開設届出


会社を設立すると、従業員や社長に

給与を支払うことになりますね。


会社は、従業員の給与から所得税を源泉徴収し、

期限までに税務署に納付します。


そのための手続きが

『給与支払事務所等の開設届出』です。


事務所を開設した日から1ヶ月以内に

提出しなければなりません。


2.青色申告の承認申請


納税方法は、青色申告と白色申告がありますが、

会社を設立したらほとんどの場合、

メリットの大きい青色申告で納税します。


ただし、この手続きをしないと

自動的に白色申告になるので注意です。


設立の日以後3か月を経過した日と

設立第1期の事業年度終了の日とのうち

いずれか早い日の前日までです。


3.源泉所得税の納期限と納期の特例の承認


源泉所得税の納税は、

毎月給与を受け取る人に代わって

会社が行わないといけません。


しかし、小さな会社だと面倒なので、

10人未満の会社は年2回にしてもらえます。


この制度を利用するための手続きです。


提出期限はとくに設けられていませんが、

特例が適用されるのは

この届出書を提出した月の翌月からとなります。


書類を提出した月の源泉所得税は、

翌月10日が納付期限になります。 

         

設立後の手続き

さあ、会社設立の準備も終わり、
法的・公的に会社が誕生しました!

これからが、本当のスタートですね。

会社設立後に押さえておきたい手続きを
いくつかご紹介します。

このカテゴリ内の記事


口座の開設
諸官庁への届出 税務署1
諸官庁への届出 税務署2
諸官庁への届出 税務署3
諸官庁への届出 税務署4
諸官庁への届出労働基準監督署
諸官庁への届出 ハローワーク
諸官庁への届出社会保険事務所
税理士の選び方1
税理士の選び方2
会計ソフトの選び方


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録