Top >  設立後の手続き >  諸官庁への届出 税務署3

諸官庁への届出 税務署3

設立第1期の確定申告書の提出期限までに

提出する書類です。


1.棚卸資産の評価方法の届出書


棚卸しって聞いたことありますか?


棚卸しとは、商品や、原料などの在庫を

定期的に調査することです。


これを、一定の評価方法で資産に換算して、

損益計算書にや貸借対照表に

組み入れなければなりません。


この評価方法は9種類あり、

どの方法にするかを選んで

税務署に届けることになっています。


これは、事業内容や在庫されている資産の種類によって

メリットが異なるので、

税理士などの専門家に相談しましょう。


2.減価償却資産の償却方法の届出書


建物や機械など、時間の経過によって価値が下がる資産を

原価償却資産といいます。


減価償却とは、購入した時にすべて必要経費にせず、

法定耐用年数で分割して

各年分配分していく手続きです。


減価償却の計算方法には、2種類あります。


税理士などの専門家に相談した上、

どちらかを選んで届けます。

         

設立後の手続き

さあ、会社設立の準備も終わり、
法的・公的に会社が誕生しました!

これからが、本当のスタートですね。

会社設立後に押さえておきたい手続きを
いくつかご紹介します。

このカテゴリ内の記事


口座の開設
諸官庁への届出 税務署1
諸官庁への届出 税務署2
諸官庁への届出 税務署3
諸官庁への届出 税務署4
諸官庁への届出労働基準監督署
諸官庁への届出 ハローワーク
諸官庁への届出社会保険事務所
税理士の選び方1
税理士の選び方2
会計ソフトの選び方


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録