Top >  設立後の手続き >  会計ソフトの選び方

会計ソフトの選び方

会社の経理を専門家にすべてまかせて、

会社のお金がどうなっているのか知らない

という社長さんもいるようです。


しかし、会社を発展させていく上で、

お金の管理は重要ですし、

経営者が把握していないことは問題ではないでしょうか?


また、専門家に支払う費用もばかになりません。


そんな中、今増えているのが

会計ソフトを用いての

帳簿づけをおこなう方法です。


昔は、パソコンもソフトも高価でしたが、

今では贅沢を言わなければ、20万円もあれば、

パソコン、プリンター、会計ソフトが揃います。


しかも、仕分けができない人でも

使えるようになっているので安心です。


では、どのように選べばいいでしょうか?


いくつかポイントをあげますので、

参考にしてくださいね。


1.仕分けや簿記の知識がなくても使いこなせること


2.Excelに転送できること


3.補助科目を設定できること


4.消費税の計算ができること


5.部門別に計算ができること


各メーカーでは、体験版を無料配布しているので、

必ず事前に使ってみることをお勧めします。


各社の使い勝手については(私の勝手な意見ですが)

「会社設立準備のお役立ち情報」ー会計ソフトー

を参考にしてくださいね。

         

設立後の手続き

さあ、会社設立の準備も終わり、
法的・公的に会社が誕生しました!

これからが、本当のスタートですね。

会社設立後に押さえておきたい手続きを
いくつかご紹介します。

このカテゴリ内の記事


口座の開設
諸官庁への届出 税務署1
諸官庁への届出 税務署2
諸官庁への届出 税務署3
諸官庁への届出 税務署4
諸官庁への届出労働基準監督署
諸官庁への届出 ハローワーク
諸官庁への届出社会保険事務所
税理士の選び方1
税理士の選び方2
会計ソフトの選び方


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録