Top >  会社設立準備Q&A >  会社設立費用は経費にできる?

会社設立費用は経費にできる?

Q. 


会社設立の準備中です。


準備にかかった費用は、

設立後の会社の経費として

計上できるのでしょうか?


A. 


できます。


会社設立のための準備費用は「創立費」や「開業費」として

経費扱いにするか、繰延資産に計上し

会社設立後、任意償却(5年)することができます。


会社を設立登記した年度に、一括して経費とすると、

赤字の可能性がある場合は、任意償却とし、

残りは次年度に一括経費とすることも可能です。


会社設立するまでは経費になりませんが、

会社設立後は経費になります。


細かい事務用品等にかかった費用も同様ですので、

きちんと領収書等を管理し、

帳簿に記載しておきましょう。


「創立費」「開業費」として認められるものは、

以下のような費用です。


・ 仕事用の物品の購入費


・ 印鑑や名刺の作成費


・ 業務案内や広告用チラシ等の作成費


・ 調査費や資料代


・ 接待費(相談者との飲食代等)


・ 準備活動に要した交通費等


また、会社設立にかかった法定費用(登録免許税代や定款認証費用など)や、

専門家に手続を依頼した際の会社設立に関する報酬なども経費になります。

         

会社設立準備Q&A

会社設立の準備中、
私が疑問に思ったことを
調査してまとめたものです。

会社設立の準備をしていく上で、
みなさんも疑問に思うことが多いであろう
質問をピックアップしました。

このカテゴリ内の記事


会社設立準備にかかる時間は?
会社設立費用は経費にできる?
退職日と会社設立について
税理士や会計士との顧問契約
未成年の会社を設立
設立準備を、専門家に依頼する
資本金について教えてください 
自宅を本店にして会社設立
個人事業から法人への移行
会社設立を専門家とは?


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録