Top >  会社設立準備Q&A >  退職日と会社設立について

退職日と会社設立について

Q. 


現在勤めていて、数ヵ月後には退職の予定です。


退職後に自分の会社を設立しようと考えています。


退職後に少しでも収入を得られるよう、

少しでも早く会社を設立したいと考えています。


現在勤めている会社の退職までに会社設立しても

問題ないのでしょうか?


問題がある場合、勤めている間に

会社設立できる方法はありますか?


A. 


公務員の場合でしたら、


副業が禁止されているので問題外です。


会社設立にあたっては、

今の会社に所属していることは問題ありません。


しかし、民間の会社でも、

就業規則などで副業を禁止されている場合は、

会社ともめたり訴訟沙汰になる可能性もあるので注意が必要です。


副業が禁止されているのに、会社に黙って自分の会社を設立し他場合、

その会社から収入を得ると、確定申告が必要になるので、

その時点で会社にばれます。


会社にばれずにおこなう方法として、

家族の名義などで、

個人事業や会社設立することが考えられます。


しかし、ご自身が給与を得ると、

自分で会社を設立したときと同様、

確定申告が必要なので、同じことです。


専門家に相談すれば、なにか方法があるかもしれませんが・・・


退職の予定が数カ月先でしたら、会社ともめることを考えると、

退職までに、会社設立の準備を行い、

退職とともに会社を設立する方法をとることをお勧めします。

         

会社設立準備Q&A

会社設立の準備中、
私が疑問に思ったことを
調査してまとめたものです。

会社設立の準備をしていく上で、
みなさんも疑問に思うことが多いであろう
質問をピックアップしました。

このカテゴリ内の記事


会社設立準備にかかる時間は?
会社設立費用は経費にできる?
退職日と会社設立について
税理士や会計士との顧問契約
未成年の会社を設立
設立準備を、専門家に依頼する
資本金について教えてください 
自宅を本店にして会社設立
個人事業から法人への移行
会社設立を専門家とは?


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録