Top >  会社設立準備Q&A >  未成年の会社を設立

未成年の会社を設立

Q. 


現在大学生です。

未成年ですが、

会社を設立することはできるのでしょうか?


A. 


可能です。


15歳以上ならば株式会社や合同会社を設立して

会社の役員(社長や取締役、監査役など)に就任することは可能です。


ただし、未成年が役員になる場合は

親権者の承諾書が必要です。


また 、未成年が社長になった場合、

会社で契約する度に親権者の同意が必要となります。


しかし、例外があります。


未成年でもすでに婚姻している方は

成年として扱われます。


これを婚姻による成年擬制と呼びます。


成年として扱われるとは

親権者の同意が必要なくなるということです。

         

会社設立準備Q&A

会社設立の準備中、
私が疑問に思ったことを
調査してまとめたものです。

会社設立の準備をしていく上で、
みなさんも疑問に思うことが多いであろう
質問をピックアップしました。

このカテゴリ内の記事


会社設立準備にかかる時間は?
会社設立費用は経費にできる?
退職日と会社設立について
税理士や会計士との顧問契約
未成年の会社を設立
設立準備を、専門家に依頼する
資本金について教えてください 
自宅を本店にして会社設立
個人事業から法人への移行
会社設立を専門家とは?


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録