Top >  会社設立準備Q&A >  個人事業から法人への移行

個人事業から法人への移行

Q. 


現在、個人事業主として事業を行っています。


業績もあがってきたので

そろそろ会社を設立しようと考えています。


どのように引き継げばよいでしょうか?


A. 


個人事業主として事業を行っていた人が

会社を設立し、設立した会社に事業を引継ぐことを

一般的に「法人成り」といいます。


このとき、どこまでの業務を個人事業として、

どこから新しい会社とするか、

はっきりさせる必要があります。


では、どの時点で、

新しい会社に引き継げばよいのでしょうか?


個人事業で、事業をやっていても、

会社の設立には早くても2週間程度の日数が

必要です。


この間、事業を休むことなんてできませんよね?


たとえ、会社の設立登記をしたとしても、

会社の登記簿謄本や印鑑証明書が

手に入るまで1週間程度かかります。


登記簿謄本や印鑑証明書がなければ

銀行口座の開設もできません。


銀行口座がなければ売上代金の振込先を

会社にすることはできません。


つまり、新しい会社で事業はできません。


そのため、個人事業の銀行口座を

使用せざるを得ません。


会社設立後速やかに会社の銀行口座を開設し、

会社の銀行口座開設までは従来どおり個人事業とし、

銀行口座開設後は法人の営業とするのが現実的です。

         

会社設立準備Q&A

会社設立の準備中、
私が疑問に思ったことを
調査してまとめたものです。

会社設立の準備をしていく上で、
みなさんも疑問に思うことが多いであろう
質問をピックアップしました。

このカテゴリ内の記事


会社設立準備にかかる時間は?
会社設立費用は経費にできる?
退職日と会社設立について
税理士や会計士との顧問契約
未成年の会社を設立
設立準備を、専門家に依頼する
資本金について教えてください 
自宅を本店にして会社設立
個人事業から法人への移行
会社設立を専門家とは?


会社設立の前に知っておくこと

会社設立までの手続き

設立後の手続き

会社設立準備Q&A

会社設立準備のお役立ち情報






Yahoo!ブックマークに登録